さくらのレンタルサーバにPython3.6.1をインストールした

Python3.4をインストールしたのが昨年6月だから、ほぼ1年経っている。

手元のPCのPythonは、Anacondaという超便利な仕組みでインストールして、Python 3.6.0になっている。このPCで作ったプログラムをさくらのレンタルサーバに転送して実行したらエラーがでてしまった。

dateteimモジュールで、W3C Datetime 形式のタイムスタンプ、つまり 2004-09-22T14:12:14+00:00 という形式のやつを作りたいので下記のように書いて

dt.isoformat(timespec=’seconds’)

Python3.4.3で実行したら、

‘timespec’ is an invalid keyword

と怒られた、というわけだ。Python 3.6で動いてるんだから、プログラムの回避策を考えるよりもPythonをバージョンアップしたほうが早い。

前置きはそこそこに、Python 3.6.1のインストールはあっけなく終わった。

前回記事のさくらのレンタルサーバにPython3.4をインストールするのとおりに、「3.4.3」 を 「3.6.1」 に変更してやったらうまくいった。やっぱり作業を記録しておくのは大事ですね。ということで、再び記録しておく。

取得したソースのURL
https://www.python.org/ftp/python/3.6.1/Python-3.6.1.tgz

% python3
Python 3.6.1 (default, May  6 2017, 18:08:26)
[GCC 4.2.1 20070831 patched [FreeBSD]] on freebsd9
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
% pip3 -V
pip 9.0.1 from /home/bty/local/python/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)
%

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする