さくらのレンタルサーバでDjangoを動かしてみた

下記のサイトを参考にして、何とか、やっとできました。ボケボケな人(自分のこと)は、すぐ忘れるのでメモする。

実験した環境・条件など
  • ちなみにpythonのバージョンは 2.6.2
  • ブラウザで http://bty.sakura.ne.jp/dj/test にアクセスしたとき、テスト画面を表示する
  • Django自体がインストールされるディレクトリは $HOME/local/lib/python2.6/site-packages
  • 自分で作るDjangoアプリケーションのディレクトリは $HOME/django

続きを読む さくらのレンタルサーバでDjangoを動かしてみた

FreestyleWikiをさくらのレンタルサーバにインストール

メモがわりに使えるようにFreestyleWikiをインストールしました。

インストール方法は下のリンクを参考にしました
http://fswiki.org/wiki.pl/docs?page=readme#p1

wikiは http://bty.sakura.ne.jp/wiki

1.FSWiki 本体、パッチファイル2個をダウンロードして解凍します。
wiki3_6_2.zip
fswiki-patch-20080703-2.zip
fswiki-patch-20080716.zip

2.アップロードするディレクトリを作ります。
FTPクライアントで作った

~/www/wiki

3.解凍したwiki3_6_2の内容を上記ディレクトリにコピーする

4.~/www/wikiの直下にbackup、attach、pdf、logディレクトリを作成します

^/www/wiki/backup
^/www/wiki/attach
^/www/wiki/pdf
^/www/wiki/log

5.cgiから書き込みできるようにパーミッションを変更します

^/www/wiki/attach        707
^/www/wiki/backup        707
^/www/wiki/config          707
^/www/wiki/config/*.dat  606
^/www/wiki/data            707
^/www/wiki/data/*.wiki    606
^/www/wiki/log               707
^/www/wiki/pdf             707
^/www/wiki/wiki.cgi         705

6.ブラウザからwiki.cgiを呼び出して、FrontPageが表示されるか確認する

7.セキュリティパッチを適用する
それぞれ解凍したファイルを指定されたディレクトリに上書きコピーします。

(1)fswiki-patch-20080703-2.zip
Source.pmを~/www/wiki/plugin/coreディレクトリに上書きコピーする

(2)fswiki-patch-20080716.zip
Session.pmを~/www/wiki/lib/CGIディレクトリに上書きコピーする。

8.ブラウザからwiki.cgiを呼び出して、FrontPageが表示されるか確認する

9.最後にディレクトリ一覧が見えないようにおまじない
ここまでで、インストールは完了ですが、ブラウザでhttp://bty.sakura.ne.jp/wiki/を閲覧すると、

ディレクトリが丸見えです。
 
さくらウェブオンラインマニュアル – .htaccessを利用したアクセス制御 [5]
 ■ ファイル一覧を表示させないようにする
http://support.sakura.ad.jp/support/web/manual/tech/htaccess/htaccess05.html

以下を書いたhtaccess.txtファイルを作り、~/www/wikiディレクトリに置きます。

DirectoryIndex index.html /errmsg.html

index.htmlの無いディレクトリをアクセスしたときに、表示するerrmsg.htmlを作り、~/wwwディレク

トリに置きます。

errmsg.html

<HTML>
<HEAD><TITLE> ERROR – 閲覧できません。 </TITLE></HEAD>
<BODY>
<H1> ERROR – ディレクトリ内を閲覧することはできません。</H1>
もう一度URLを確認してください。
</BODY>
</HTML>

10.http://bty.sakura.ne.jp/wiki/はwiki.cgiにリダイレクトさせます。

wiki.cgiに強制的にリダイレクトさせるため、index.htmlを置いておきます。

~/wiki/index.html
<html>
    <head>
        <meta http-equiv=”refresh” content=”1;URL=http://bty.sakura.ne.jp/wiki/wiki.cgi”>
    </head>
    <body>
    </body>
</html>

以上でおしまい。