Pythonのfeedparserを使ってみる

RSSを取得するために、feedparserを使ってみたのでメモしておく。

まずは、feedparserを下記サイトからダウンロードする。

http://code.google.com/p/feedparser/downloads/list

リストから feedparser-4.1 をダウンロードした。アップされた日付は Apr 18, 2007 となっているので、この分野では完成されたモジュールなんだろうか。

解凍してREADMEファイルを読むと、セットアップ方法は以下のようにする、と書いてある。

$ python setup.py install

Windows XPでも問題なく、セットアップ完了。

このブログのRSSを下記のプログラムで取得して、タイトルとリンクを抜き出して表示させた。

#coding: utf-8

import feedparser

rssurl="http://bty.sakura.ne.jp/blog/rss.xml"

fdp = feedparser.parse(rssurl)

for entry in fdp['entries']:
    title = entry['title']
    link = entry['link']
    print "title:", title
    print "link: ", link

実行結果は以下のとおり。

C:\home\py\rss>python fdp.py
title: wxPythonの本が円高で安い
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/09/wxpython-9.html
title: Python Queueモジュールをやってみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/08/python-queue.html
title: PythonからMinGWで作ったCの関数を呼んでみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/08/pythonmingwc.html
title: MinGWとMSYSをインストールした
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/08/mingwmsys.html
title: Pythonで音声合成の簡単実験
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/08/python.html
title: Pythonの内包表記をメモ
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/08/python-4.html
title: Mako テンプレートを継承してみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/mako.html
title: wxPython ウインドウ内をボールが跳ね回るグラフィック描画してみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/wxpython-8.html
title: wxPython wx.Timerを使ってグラフィック描画してみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/wxpython-wxtimer-1.html
title: wxPython wx.Timerを使ってみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/wxpython-wxtimer.html
title: wxPython DrawRectangleで棒グラフもどきを表示してみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/wxpython-drawrectangle.html
title: wxPython DrawLineで簡単なグラフを表示してみる
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/07/wxpython-drawline.html
title: ThinkPad R50eにUbuntu 10.04 LTSをインストールした
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/06/thinkpad-r50eubuntu-1004-lts.html
title: Thinkpad T60のハードディスクを交換した
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/06/thinkpad-t60.html
title: Python スレッドをやってみる(3)
link:  http://bty.sakura.ne.jp/blog/2010/06/python-3.html