ubuntu server 14.04 LTSで音声を出力する

サーバーだけど、音を出したい。下記サイトに解決方法が書かれていた。

Ubuntu server: install Alsa sound and MOC (Music On Console) | How to
Playing Audio Files on Ubuntu Server 12.04+ | Learned Stuff

音を出力するためには、alsa serverが必要となる。早速インストールする。

$ sudo apt-get install alsa

ログインするときに使うユーザをaudioグループに追加する。
僕のユーザ名はbtyなので次のようにコマンドを叩く。

$ sudo adduser bty audio
Adding user `bty' to group `audio' ...
Adding user bty to group audio
Done.

# 本当に追加されたか確認するには
$ id bty
uid=1000(bty) gid=1000(bty) groups=1000(bty),4(adm),24(cdrom),27(sudo),29(audio),30(dip),46(plugdev),112(lpadmin),113(sambashare)

ここで、設定を反映させるためリブートする。

$ sudo reboot

alsamixer を起動し、マスターコントロールのミュートを外すして、音量を調整する。

$ sudo alsamixer

WS000035

Masterと書かれている部分で”MM”となっていたらミュートの状態だ。ミュート外すにはMキーを押す。

WS000037

alsaをインストールしたとき、テスト用のwavファイルが作られているので再生してみる。

$ sudo find / -name *.wav
/usr/share/sounds/alsa/Rear_Right.wav
/usr/share/sounds/alsa/Rear_Left.wav
/usr/share/sounds/alsa/Front_Right.wav
/usr/share/sounds/alsa/Noise.wav
/usr/share/sounds/alsa/Side_Left.wav
/usr/share/sounds/alsa/Rear_Center.wav
/usr/share/sounds/alsa/Side_Right.wav
/usr/share/sounds/alsa/Front_Left.wav
/usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav

$ aplay /usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav

ちゃんと聞こえたらOK。

mp3のファイルだって音声出力できる。lameとmocをインストールする。

$ sudo apt-get install lame moc

■NHKラジオを聞く

NHKはらじる★らじる NHKネットラジオをサービスしている。
こんなところにも貴重な受信料収入を投資しているのだ。せっかくだから、毎月支払う受信料をネットワークでラジオを聞いて回収することにしよう。

mplayerをインストールするとubuntu serverでも聞くことができる。

$ sudo apt-get install mplayer

$ mplayer -playlist http://mfile.akamai.com/129933/live/reflector:46051.asx

WS000036

下記サイトにNHKネットラジオのURLが掲載されている。

Ubuntu に関する個人的メモ > mplayer でらじる★らじるを聴く

民間のネットラジオのRADIKOも聞きたいと思ったのだが、ちょっと研究してみないと難しそうだ。参考になるは下記サイト。

マッタリとコーヒーでも・・・

ubuntu server 14.04 LTSで無線LANを使えるようにする

昔にやったけど、当然のごとく、忘れてしまった。

下記サイトの説明がわかりやすかったので、参考にして ubuntu server 14.04 LTSで無線LANを設定した。

WiFi/HowToUse – Debian Wiki

Command Lineの項目以降が参考になる。

1.モジュールのインストール
無線LANの接続に必要となる wpasupplicantとwireless-toolsは既にインストール済みであった。

# apt-get install wpasupplicant wireless-tools

2./etc/network/interfacesの設定ファイルはroot以外からは読み書きできないようにファイルのパーミッションを設定する。

# chmod 0600 /etc/network/interfaces

3.WPA PSKハッシュ値を計算する

# wpa_passphrase myssid my_very_secret_passphrase
network={
        ssid="myssid"
        #psk="my_very_secret_passphrase"
        psk=ccb290fd4fe6b22935cbae31449e050edd02ad44627b16ce0151668f5f53c01b

4.無線LANのインタフェースwlan0に静的IPアドレスを設定する

基本的に有線LANの設定の時と同じで、wpa-ssidとwpa-pskが増えただけ。
wpa-pskには上記で計算した WPA PSKハッシュ値 を書く。

# vi /etc/network/interfaces

auto wlan0
iface wlan0 inet static
       address 192.168.11.183
       netmask 255.255.255.0
       network 192.168.11.0
       broadcast 192.168.11.255
       gateway 192.168.11.1
       dns-nameservers 192.168.11.1
       wpa-ssid myssid
       wpa-psk ccb290fd4fe6b22935cbae31449e050edd02ad44627b16ce0151668f5f53c01b

無線LANのインタフェース wlan0 を立ち上げると、wpa_supplicantプロセスがバックグランドで起動する。

# ifup wlan0

クライアントからsshで接続できたので、普段は使わないであろう有線LANはコメントアウトすることにした。

ThinkPad T60にubuntu server 14.04 LTSをインストール

ひさしぶりの投稿だが、性懲りも無く、インストールの備忘録。

さて、またまた使わなくなった ThinkPad T60 に、この4月にリリースされたばかりの Ubuntu Server 14.04 LTS をインストールした。

ネットで検索すると、すでにたくさんの人がインストールしており、そのインストールの手順などを公開されている。そのなかで、下記サイトを参考にすすめることにした。

Server World

■インストールメディアの準備

下記サイトからインストールイメージをダウンロードして、DVDに焼いた。

Download Ubuntu Server | Download | Ubuntu

■インストール

ネットワークに接続した ThinkPad の電源をONにし、[F12]キーを押すと起動ドライブの選択画面になる。DVDをドライブに入れ、DVDドライブを選択するとインストールが始まる。

参考にしたサイトにしたがって、最初の言語選択では「英語」を選択した。

インストールするソフトウェアの選択画面では、
・OpenSSH server
・LAMP server
を選択した。

なんだかんだと選択する画面があるが、ほぼデフォルトですすめて終了する。

LAMPとはLinux, Apache, MySQL, PHPのこと。また、インストール時のネットワークは無線LANでも接続できるのだが、インストールが終わった後に設定は残っていない。これが使えれば楽なんだけどなあ、と思いつつ前回はあきらめた。今回は、とりあえずLANケーブルで接続しておいてインストールした。

インストール後の設定

なにはともあれ、sshで接続できるようにするぞ、と思っていたのだったが、sshd_configの修正は必要無く、デフォルトのままで接続できてしまった。

■ネットワーク設定

インストールした後はDHCPに設定されているので、/etc/network/interfaces に静的IP使うように設定する。

$ sudo vi /etc/network/interfaces

# 下記を追加する
iface eth0 inet static
address 192.168.11.182
network 192.168.11.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.11.255
gateway 192.168.11.1
dns-nameservers 192.168.11.1

$ sudo ifdown eth0
$ sudo ifup eth0

■IPv6を無効にする

$ sudo su -
[sudo] password for bty:
# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
# sysctl -p
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
# exit
logout
$

■WEBサーバ動作の確認

ブラウザから 192.168.11.182 を叩いたら下記画面が表示された。
WS000034

■PHPのインストール確認

バージョンを表示させた

$ php --version
PHP 5.5.9-1ubuntu4 (cli) (built: Apr  9 2014 17:11:57)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.3, Copyright (c) 1999-2014, by Zend Technologies