さくらのレンタルサーバにPython3.4をインストールする

前回の記事で Python 3.3をインストールして、精神的に消耗してしまったが、気を取り直して、Python 3.4をインストールする。

まずは前回インストールしたPython 3.3 と インストールに使ったファイルたちをばっさり削除した。

% rm -rf ~/local/python/*
% rm -rf ~/work/py3/*

ここからがPython 3.4のインストールの始まり。

■Python3.4をインストール

% mkdir -p ~/work/py3
% cd ~/work/py3
% wget --no-check-certificate https://www.python.org/ftp/python/3.4.3/Python-3.4.3.tgz
% tar zxvf ./Python-3.4.3.tgz
$ cd ./Python-3.4.3
$ ./configure --prefix=$HOME/local/python
$ make
$ make install

インストール先は $HOME/local/python ディレクトリになる。

■.cshrcを修正する

% emacs ~/.cshrc
-----
set path = ($path $HOME/local/python/bin)
setenv PYTHON $HOME/local/python/lib
-----
% source ~/.cshrc
% rehash

前回のPython 3.3インストールで設定したものと同じ。

■とりあえず、実行してみる

% python3
Python 3.4.3 (default, Jun 14 2015, 18:41:52)
[GCC 4.2.1 20070831 patched [FreeBSD]] on freebsd9
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import sys
>>> sys.path
['', '/home/bty/local/python/lib/python34.zip', '/home/bty/local/python/lib/python3.4', '/home/bty/local/python/lib/python3.4/plat-freebsd9', '/home/bty/local/python/lib/python3.4/lib-dynload', '/home/bty/local/python/lib/python3.4/site-packages']
>>>

実行できるようになった。sys.pathを表示して、どこにパスが通っているか確認した。

% pip3 -V
pip 6.0.8 from /home/bty/local/python/lib/python3.4/site-packages (python 3.4)

pipもちゃんと動く。Python3.3とはえらい違い、Python 3.4のインストールは超簡単。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする